ミノキシジル育毛剤の効果と副作用のリスク

人の体になんらかの効果があるものは、
ときに副作用をもたらすことがあります。

 

育毛剤も例外ではありません。
男性用・女性用・男女兼用育毛剤のいずれにも、
副作用が出る可能性はあります。

 

育毛剤を使ううえで頭に入れておきたい副作用について、まとめました。

男性は注意! 第一類医薬品「ミノキシジル」の効果と副作用のリスク

現在、日本で唯一医薬品として販売されている育毛剤は、
「リアップX5」です。

 

この商品の主な成分「ミノキシジル」が医薬成分であり、
第一類医薬品に分類されています。

 

第一類医薬品とは、市販薬としての使用実績が少ないものや、
効果の期待度も大きいが副作用を生じる可能性もあるものです。
購入・使用するには医師や薬剤師に相談してアドバイスを受ける必要があります。

 

もちろん医薬品として認められているわけですから、
正しく使用すれば基本的には安全な商品です。
しかし、体の状態によっては副作用のリスクも伴うわけです。

 

「ミノキシジル」には優れた血管拡張・血行促進効果があります。

 

もとは高血圧の治療薬として使われていたのですが、
後から育毛効果があることがわかり、
一部の育毛剤にも配合されるようになりました。
特に頭頂部の薄毛に効果があるとされています。

 

頭頂部から薄毛や抜け毛がじわじわと進行していく症状は
「О型」の薄毛と呼ばれ、主に男性に多い薄毛のタイプです。
したがって「ミノキシジル」が配合された育毛剤は、男性を中心に使用されています。

 

この「ミノキシジル」には、血圧を下げる必要のない人が使用した場合に
低血圧になるという副作用が報告されています。

 

また心臓に負担がかかることがあり、
動悸や不整脈、心拍数増加、胸の痛みという副作用の例もあります。

 

ほかにも育毛剤のこんな副作用事例があります

「ミノキシジル」以外の成分でも、
人によっては体に合わず、副作用を生じるケースもあります。

 

頭皮のかゆみ、炎症、吹き出物
不整脈、性欲減退、多毛症などがその例です。

 

もし育毛剤を使ってそのような症状がみられた場合には、
すぐに使用を中止して、医師に相談することをおすすめします。

 

男性用育毛剤を女性が使用することによる副作用の例も

基本的には、
男性用として販売されている育毛剤を女性が使っても、
深刻な副作用の心配はありません。

 

ただ、男性の頭皮は女性と比べて皮脂が多いので、
刺激に強いという特徴があります。

 

それでカプサイシンやメントールのような、
刺激の強い成分を配合している商品が多くなっています。

 

女性がそのような育毛剤を使用した場合、
頭皮に炎症を起こす可能性があります。

 

絶対とは言いませんが、
女性は女性用として販売されている育毛剤を選んだほうがよいかもしれません。

 


RSS購読サイトマップ