薄毛を心配するあなたの頭皮、血行不良ではないですか?

薄毛になる主な原因のひとつが、頭皮の血行不良です。
頭皮の血管は細いので、もともと血流が滞りがち。
それに頭皮は意識しない限りあまり動かさない部分です。

 

頭皮は血行不良になりやすい部位なのです

手足はしょっちゅう動かしますし、
顔ならば会話をしたり食事をすることで自然に動かします。

 

でも、頭皮はシャンプーするときくらいしか動かさない、という人も多いでしょう。
ですから頭皮は凝りが発生しやすく、血行不良になりやすいのです。

 

頭皮の色は青白いのがベスト!

ぜひ鏡を使って、頭皮の色をチェックしてみてください。
青白ければ、それは健康な頭皮。いまのところは薄毛の心配はないでしょう。

 

でも、もし赤っぽかったり茶色がかっていたら、
すでに血行不良によって頭皮がくすんでいる証拠です。

 

薄毛予防の観点からいえば、黄色信号が灯っています。
今日からでも頭皮の血行改善対策をして、薄毛を予防・改善しましょう。

 

頭皮の血行不良改善のために実践したいこと3つ

 

その1

運動不足にならないように気をつけましょう。
特にデスクワーク中心のお仕事をしている人は要注意!

 

体を大きく動かすこともなく、じーっとパソコンの画面を見ていて、
動かしているといえば、キーボードを打つ指先だけ。

 

おまけに朝の通勤電車もお仕事中も、そして帰宅するときの電車でも、
いつも座りっぱなしなんていう生活を続けていたら、運動不足で血行は滞ります。

 

ジョギングやトレーニングジムで汗を流す時間がとれるなら、
積極的にそのような時間をつくりましょう。

 

毎日とても忙しくて運動の時間なんて取れない、という人も心配いりません。
日常生活のなかで、自然に体を動かす機会を増やせばよいのです。

 

駅や職場などで意識して階段を使うようにしたり、
お仕事中もこまめに短い休憩時間をとって体を動かすなどの工夫をしましょう。

 

 

その2

タバコやお酒の飲みすぎはしないように気をつけましょう。
どちらも血管を収縮させてしまいます。
お酒は、飲んだ直後は体が温まるように感じますが、それは一時のこと。

 

酔いが醒める頃には逆に体を冷やしてしまうのです。
全身の血行を良くしておけば、当然、頭皮にも
十分に血液や栄養や酸素が行きわたり、頭皮や毛母細胞が元気になります。

 

その3

頭皮マッサージをしましょう。
頭皮を指で軽く動かしてみてください。

 

普通に動かせれば、あなたの頭皮はそれほど凝っていない証拠。
でも、もし固くて動かしにくいと感じたら、それは凝り固まって血流が悪くなっている頭皮です。
ぜひ時々、頭皮をマッサージして血流の改善をはかりましょう。


RSS購読サイトマップ