薄毛治療薬の副作用の症状はどんなもの?

治療薬というものは、
症状を治す主作用の影になんらかの副作用をもっているものです。
もちろん、薄毛治療薬も例外ではありません。

 

治療薬には副作用がつきものという意識を持ちましょう

個人差はありますから、薄毛の治療薬を使ったすべての人に
副作用が必ず出るわけではありませんが、
そのリスクは頭の片隅に置いておくべきでしょう。

 

また「市販薬なら成分が薄いから大丈夫だろう」とか、
「病院で処方される薬なら副作用は出ないだろう」
などと考える人がいるようですが、それは大きな間違い。

 

市販薬でも処方薬でも、副作用が出る可能性はあります。
治療薬は必ず、医師や薬剤師の指示に従って使いましょう。
市販薬の場合も、定められた用量・回数などを守るのは基本です。

 

 

薄毛の治療薬のなかには、
ドラッグストアやインターネットで購入できるものもあります。

 

また市販されている育毛剤のなかには、
「医薬品」に分類されているものがあります。

 

これら市販の治療薬や育毛剤はなんとなく薬であるという意識が薄れ、
化粧品のような感覚で安易に使ってしまう人もいるようですが気をつけてください。

 

薄毛の治療薬で報告されている副作用

頭皮の炎症・動悸・息切れ・頭痛など

 

よく薄毛の治療薬として病院で処方される塗り薬に、
「リアップ」があります。

 

この薬は「リアップX5」という商品名で市販されてもいますが、
濃度は病院の処方薬より薄くなっています。

 

いずれにしても「ミノキシジル」という成分が主成分で、
血行促進作用があります。

 

薄毛の症状がある人は、
血流不足のせいで毛母細胞の働きが悪くなっている場合もあるので、

 

必要な人にはこの薬が処方され効果も認められています。

 

ただし副作用として、
塗布した部分の頭皮が炎症を起こしたり、かゆみが発生する場合があります。

 

また、心臓疾患がある人や高血圧の人は注意が必要です。
というのも、「ミノキシジル」は本来、血圧を下げるための薬でした。

 

しかし使っているうちに育毛効果に気づき、
改めて薄毛の治療薬として開発されたのが薬の成分なのです。
動悸、息切れ、頭痛などの副作用が出ることもあります。

 

男性機能の低下症状が出ることも

「フィナステリド」という成分を使った飲み薬が、病院で処方されることがあります。
「プロペシア」という商品名の薬で、男性の薄毛治療に用いられます。

 

この成分は薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑制する効果があるのですが、
同時に副作用として、男性機能が低下する場合もあります。
具体的には勃起不全、精子の減少、性欲減退などがあります。

 

 


RSS購読サイトマップ