独自の発毛メカニズムを唱えるフィンジアはどんな育毛剤?

フィンジアの公式サイトをみると、
「ゲートアクセス理論」なる言葉が目に入ってきます。

 

これが、育毛剤「フィンジア」のもっとも大きな特徴。

 

その意味は、「育毛剤に含まれているさまざまな成分が
毛穴の奥まできちんと浸透するような、理想的な頭皮をつくる」ということです。

 

カプサイシンの力で頭皮をやわらかくするのが薄毛ケアのスタートという考え方

どんなに発毛・育毛効果のある成分を塗布しても、
頭皮がそれを吸収できる状態でなければ意味がありません。

 

しかし頭皮はさまざまな理由から硬くなっていきます。

 

たとえばデスクワーク。長時間同じ姿勢でいると、
肩や背中がこりますよね。そんなときは頭皮も同じように、こっています。

 

また、紫外線を浴びてダメージを受けた頭皮は、
皮脂が過剰分泌されて毛穴をふさぎ、それが血行不良を引き起こします。

 

冷たいドリンクを飲みすぎたり、
冷房が効いた室内に長時間いると体が冷えて、やはり頭皮の血行が悪くなります。

 

日常生活のなかのさまざまな状況が頭皮の血行不良を引き起こし、
その結果、硬い頭皮になるわけです。
フィンジアは、まず硬い頭皮にカプサイシンを投与してやわらかくすることから、
薄毛の改善をめざそうという育毛剤なのです。

 

唐辛子の成分であるカプサイシンには、発汗作用がありますよね。
その発汗作用を利用して、内側から頭皮のゲートをこじ開け、
育毛成分を吸収しやすい状態にしてくれます。

 

頭皮をやわらかくしたら、自然由来の育毛成分を投入!

センブリ・ビワ葉・ボタン・パンテノール・フユボダイジュ花
ヒキオコシ・ヒオウギ・褐藻・グリチルリチン酸2K・キハダ樹皮。

 

そして独自に研究開発した「キャピキシル」と「ビディオキシジル」。
フィンジアに配合されている育毛成分は、これらの12種類です。

 

どれも自然由来の成分で、副作用が少ないのが特徴。
育毛剤は長期間継続して使うものなので、
安心して使えるのはポイントが高いですよね。

 

独特の使用感はカプサイシンが効いてる証拠?

しっかりシャンプーして、そのあとドライヤーで髪を乾かしてきれいになったところで、
頭皮にフィンジアをつけてマッサージします。

 

すると、じんわりと温まるような感覚があります。
頭皮の血流がよくなっていることが感じられる、独特な感覚で、気持ちがよくて癒されます。

 

だからといってニオイもないですし、ヒリヒリするようなこともありません。
とても使いやすい育毛剤だと思います。

 

ただ、お値段がちょっと高めなのがデメリットかもしれません。
定期コースだと税込みで1本(1か月分)9,980円。3か月定期コースにすると26,900円。

 

とても安いといえる値段ではありませんね。
口コミを検索していると、「効果はあるけど高い」という声がちらほら見られます。
しかも内容量が1本50mlで少なめなので、1か月1本ギリギリで足りるくらい、という人も多いです。

 

それと、ときどき欠品になって入手するのに時間がかかることもあるようです。
人気がある育毛剤ということなのかもしれませんが、
いつでもスムーズに入手できるようでないと困りますよね。

 

それでも副作用を訴える人が少なく、
効果を感じているという人は多い商品なので、試してみる価値はあると思います。


RSS購読サイトマップ