これが薄毛の原因!男女別の主な原因を解説

薄毛になる原因は多くの場合ひとつではなく、
複数の原因がからみあっています。

 

男性にみられる薄毛の主な原因

遺伝

とくに男性に多いAGA(男性型脱毛症)を引き起こす
「5αリダクターゼ」の働きが活発であるかどうかは、
遺伝によるところが多いといわれています。

 

また母親のもつ遺伝子のなかに男性ホルモンの影響を受けやすい
遺伝子があれば、それが男の子供に影響するとされています。

 

母方の祖父がAGAである場合、母親を通して
その遺伝子を受け継いだ男の子供はAGAになる可能性が高いということです。

 

ただし薄毛は絶対に遺伝するというわけではありませんし、
逆に遺伝子がなくても他の原因によって薄毛になることもあります。

 

男性ホルモン

男性ホルモンの一種「テストステロン」が
AGA(男性型脱毛症)による薄毛に関係します。

 

テストステロンは本来、体毛の成長を促す働きをするホルモンです。
男性が女性に比べて体毛が濃かったり、
髭が生えることからも理解できると思います。

 

しかしテストステロンが髪の毛根の毛母細胞で
「5α-リダクターゼ」という物質と融合すると、
DHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。

 

そしてこのDHTが毛母細胞を萎縮させて髪の成長を妨げ、
AGAによる薄毛を引き起こすのです。

 

女性にみられる薄毛の主な原因

 

加齢

加齢、つまり老化によって、女性の髪は細く弱々しくなります。

 

抜け落ちてはいなくても全体的に髪が元気を失うことによって、
薄毛に見えるようになります。

 

一般的には30代後半から髪が細くなりはじめ、
40歳以上になるとハリやコシを失って、薄毛になっていきます。

 

ホルモンバランスの変化

加齢とも関係するのですが、
40代後半頃から女性ホルモンが減少しはじめることが、
薄毛を引き起こしやすくなります。

 

それまではたくさん分泌された女性ホルモンの量が減ると、
男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れ、
男性ホルモンのほうが多くなってしまうことがあります。

 

これにより、一般的には男性特有の症状とされている
AGA(男性型脱毛症)になることがあります。

 

女性の場合は「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれることもあります。

 

男女に共通して考えられる薄毛の主な原因

 

ストレス

ストレスに過剰にさらされると、
自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを引き起こします。

 

さらに血行不良になります。血液は毛根に酸素や
栄養を運ぶ役割を果たしていますから、
血行不良になれば酸素も栄養も十分に運ばれなくなります。

 

仕事の悩みや上司・同僚との関係、
家庭事情などさまざまなストレッサーがあります。

 

女性は仕事と家庭の両立に悩むことも多いでしょう。
育児や介護による疲れや、将来の不安などもストレスとなります。

 

食生活の乱れによる血流・栄養不足や塩分の摂りすぎ

女性の場合は過剰なダイエットが薄毛を引き起こす場合があります。

 

近年はアラフォーになっても美しいプロポーションを維持しようと食事を制限したり、
若い頃からずっとダイエットしていて万年栄養不足という人もいます。
栄養不足に陥った弱々しい毛根から、元気な髪が生えるはずはありません。

 

 

また、男女ともに塩分を過剰に摂取する傾向があり、
これも薄毛の原因になります。

 

濃い味付けでないと物足りないという人や、
インスタントラーメンやレトルト食品などで
手早く食事をすることが多い人は気をつけましょう。

 

塩分摂取量が多い人は、髪の生え変わりサイクルを調整している
「IGF-I」が体内で十分に作られなくなるのです。

 

 

偏った食生活や体に悪いダイエット

美容師さんに聞いてみると、男性でも女性でも食生活が乱れている人は
頭皮の状態が悪く、皮脂が過剰分泌されてベタベタしているといいます。

 

シャンプーをした後、
ドライヤーで髪を乾かしているときに、頭皮が臭うこともあるとか。

 

わたしたちの体は隅から隅まで、
髪の毛1本までも、食べたものからできています。

 

よい食材をたっぷりとバランスよく取り入れていない人は、血流が悪くなります。

 

血流が悪くなるということは、血液と一緒に細胞に運ばれる
栄養素や酸素が行き届かないということです。

 

当然、毛根や毛母細胞など髪を作り出す部分にも、栄養や酸素が行きわたりません。
そのような状態が続けば発毛力が弱まって、薄毛になってしまうのです。

 

*食事は手っ取り早くカップラーメンばかり
*味の濃い料理が大好き
*野菜や魚は苦手だから肉ばっかり
*年中ダイエットしているから、いつも小食

 

男女ともに、こんな人は薄毛になりやすいです。

 

シャンプーしないで寝てしまう

これは、どちらかというと男性に多い原因かもしれません。

 

仕事や飲み会から帰って夜遅い時間にシャワーを浴びると、
家族や近所に迷惑をかけるから朝にする、という人。

 

つまり、1日の頭皮汚れを落とさないまま寝てしまい、
朝になってからシャンプーする人です。

 

そのような習慣は薄毛対策の観点からみると、絶対NGです。
その理由は、毛穴が1日の汚れ、汗、皮脂などで塞がれてしまうからです。

 

毛穴が塞がれると皮脂や汗が余計に分泌されて、
塞いでいる汚れなどを押し出します。
押し出した汚れは毛穴付近に留まって酸化し、雑菌の繁殖を招きます。

 

 

つまり皮脂の過剰分泌と、雑菌繁殖による頭皮の炎症が起きやすいのです。
このような頭皮環境の悪化が薄毛の原因になります。

 

タバコやお酒の飲みすぎ、運動不足は頭皮の血行を悪くする

毛根が発毛力を維持するためには、栄養が必要です。

 

栄養はバランスのよい食生活によって体内に取り込まれますが、
それを毛根まで届けるのは血液です。

 

全身を巡っている血液が滞りなく流れていれば、
栄養も酸素もほどよく毛根に届きます。

 

タバコに含まれるニコチンに毛細血管の収縮作用があるのは有名な話。
お酒の飲みすぎも、やはり血行不良をまねきます。

 

飲酒直後は体が温まった感じがしますが、
酔いがさめる頃には血管が収縮して血行不良を起こすのです。

 

運動不足も血行を悪くしますよね。デスクワーク中心のお仕事の人は、とくに注意したいもの。
できるだけ体を動かすようにしましょう。

 

いつも帽子をかぶっている

紫外線対策として、帽子をかぶる人も多いと思います。
髪や頭皮を守るための紫外線対策はたしかに大切なこと。
しかし四六時中、帽子をかぶっているのは頭皮によくありません。

 

理由は、頭皮を締めつけて血行を滞らせるから。
とくにニット帽のような帽子を長時間かぶるのは危険です。

 

ストレスの溜めすぎ

ストレスが蓄積されると自律神経のバランスが乱れます。
そうすると毛細血管が収縮されて血行が悪くなるのです。

 

血行が悪くなった頭皮には、栄養や酸素が十分に行きわたらず、
毛根は元気をなくして発毛力が弱くなります。

 

 

.睡眠不足

わたしたちがぐっすりと寝ている間、
体のなかでは細胞の修復作業が行われています。

 

疲労や紫外線などによるダメージを修復してくれますが、
それは内臓などの生命にかかわる部分が優先。

 

頭皮や髪は後回しになります。睡眠不足が続くと、
なかなか修復作業の順番が回ってこないのです。

 


RSS購読サイトマップ